河川

河川構造物

平成21年 十勝太地区 内水対策施設改良実施設計(十勝太樋門)
B1.50m×H2.00m~1連、L=34.0m、柔構造樋門
技術的特徴:樋門統廃合による新設樋門。河川敷地内での救急排水施設の移設し、作業性を考慮した施設配置を提案。
平成23年 天塩川下流 サロベツ3号樋門詳細設計
平成23年 天塩川下流 サロベツ3号樋門詳細設計
技術的特徴:流出解析により、計画流出量を算出し、効果的な樋門断面を採用。軟弱地盤のためFEM沈下解析により、地震時変位量を解析し、耐震性能を確保。
平成23年 天塩川下流 サロベツ3号樋門詳細設計(下雄信内樋門)
B2.00m×H2.50m~1連、L=63.0m、柔構造樋門
技術的特徴:プレキャスト構造から現場打ちコンクリート構造に変更し、大幅なコスト縮減を行う。施工計画を検討し、単年度施工による計画を提案。
平成23年 札内川急流河川対策工詳細設計業務
根固ブロックによる堤防保護工
技術的特徴:急流河川である札内川の堤防決壊を防ぐ堤防保護工の設計。現地試掘による埋設物調査を実施し、工事実施へ向けた留意事項を提案。
平成24年 千歳川河川管理施設補修設計外
水門の劣化調査・補修設計
技術的特徴:詳細調査を行い劣化原因を推定し、有効な補修工法を設計。各劣化原因に対して補修工法及び施工方法を提案。
平成25年 北見河川事務所 河岸保護詳細設計
北見河川事務所管内において、安全性が低下している河岸保護工の対策を検討し、工事実施のための詳細設計を行う。また、法面崩落箇所の対策工詳細設計も併せて設計を行う。
平成26年 鵡川沙流川堤脚保護工外設計
苫小牧河川事務所で管理する堤脚保護工と樋門ゲート補修堤脚保護工は、流域調査を行い、維持管理性に優れる構造を採用し、樋門ゲート補修検討は、内水被害軽減のため、既設ゲートを再利用するフラップインゲートを提案し。
平成27年 十勝川外低水護岸工詳細設計
十勝川及び札内川において、侵食により治水安全度が低下している河岸に対して保護対策の詳細設計を行う。
平成28年 浦幌町仁生川外災害復旧
平成28年の出水に伴い、浦幌町が管理する護岸が被災を受けたため、災害申請を行い、災害復旧設計を実施。
平成29年 利別川裏法尻補強外設計
利別川左岸の裏法尻補強設計、猿別川左岸の釜場工詳細設計・天端舗装・転落防止柵設計、十勝川右岸の堤防嵩上げ検討を行う。
平成30年 十勝川下流管理施設補修外設計
十勝川下流の4箇所の樋門の補修設計、危機管理型ハード対策として堤防天端保護工として舗装工設計を行う。

耐震設計

平成23年 天塩川下流 サロベツ3号樋門詳細設計
B2.50m×H2.50m~2連、L=64.0m、柔構造樋門
技術的特徴:流出解析により、計画流出量を算出し、効果的な樋門断面を採用。軟弱地盤のためFEM沈下解析により、地震時変位量を解析し、耐震性能を確保。
平成24年 十勝川救急排水機場外耐震照査
救急排水機場及び導水門のレベル2地震動による耐震性能照査
技術的特徴:既設河川構造物のレベル2地震動による耐震性能照査。耐力不足箇所を抽出し、補強工法を提案。
▲ページトップへ